2006年01月14日

宇宙はヒモなのかっ?

超ひも理論と宇宙
吉川 圭二



クオークを含む宇宙のあらゆるものが「ひも」でできているという「超ひも理論」についてわかりやすく解説した本。
宇宙理論の基礎知識がなくても理解しやすい構成になっている点でオススメだ。
最近の宇宙理論は哲学・精神世界の分野の概念にも近づいてきているが、そのあたりも含めて包括的にアプローチしていくと、どうも宇宙を知る鍵は「超ひも理論」と、超ひも理論のオピニオン・リーダーであるサスキンドも提唱している「ホログラフィック原理」あたりがかなりイイ線をいっているように思う。
宇宙を多次元的に捉えだした宇宙理論がますます進んで、そのうち「宇宙は33次元まである」という精神世界系の概念を検証する日が来てくれると嬉しい。がんばれ、科学。


【目次】
1章 自然界
2章 素粒子の世界
3章 ひも理論とは
4章 究極の理論を求めて
5章 「ひも」と宇宙
6章 究極理論としての「超ひも」


posted by 本のソムリエM at 20:43| 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。