2006年02月06日

ソウルメイトに出会う

ソウルメイトと出会う本
パンタ笛吹



『ソウルメイトってなんでしょう?
前世を分かちあった恋人なんて、本当にいるんでしょうか?
もし、生まれ変わるたびに愛を育みあった魂の伴侶が、
今、この地球上のどこかにいるとしたら...。
そしてもし、その人もあなたを捜しているとしたら...。
一度でもいいから、生きているうちに
会ってみたいと思いませんか?』 


“魂の遊び人”こと、パンタ笛吹著による、運命の恋人「ソウルメイト」との出会いについて綴られた本。(オカリナ奏者の著者が演奏する「ソウルメイトと出会う瞑想」のCD付き。)

第1部は、守護天使からのメッセージによって、導かれるように出会った運命の恋人と、あらゆる環境の違いにも負けず、宇宙や守護天使のさまざまなヘルプやシンクロニシティによって愛を深めていくといった、著者自身の体験的ストーリー。
そして、第2部は「本物のソウルメイトとニセモノの見分けかた」「ソウルメイトに出会いやすい場所」「あなたを導く守護天使」...etc.といったQ&Aで展開する〈ソウルメイトに関する30の質問〉など、盛りだくさんの内容で構成されている。
今という、再会の時代にぴったりの一冊。

posted by 本のソムリエM at 00:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。