2006年02月14日

Guess How Much I Love You

Guess How Much I Love You
Sam McBratney



チビウサギがベッドへ眠りに行く途中、デカウサギにきいてみたくなりました。
「どんなに、きみがすきだか あててごらん」

「こんなにさ」と腕を思い切り伸ばすデカウサギに、
「でも、ぼくはこーんなにだよ」とチビウサギ。
お互いにどんなに好きかを比べあいます。

何度も比べあったところで、もうチビウサギは眠くて何も思いつかなくなり、
「おつきさまにとどくぐらい きみがすき」といって目をとじます。
デカウサギはチビウサギを木の葉のベッドに寝かせると、
おやすみなさいのキスをして、そしてこういいました。

「I love you right up to the moon AND BACK」
 (ぼくは、きみのこと、おつきさままでいって
    ・・・かえってくるぐらい、すきだよ)


************************************
バレンタインデー。大好きなあの人へ。


posted by 本のソムリエM at 00:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。