2006年03月28日

SFを超える宇宙の未来

パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ
ミチオ カク (著), Michio Kaku (原著), 斉藤 隆央 (翻訳)


まるでSF小説を連想させるようなタイトルだが、本書は理論物理学の第一線で活躍し、アメリカのメディアでもひっぱりだこの、ニューヨーク市立大学教授ミチオ・カク氏によって書かれたレッキとしたサイエンス本だ。
世界の科学の最先端では、今やこうしたパラレルワールド(並行宇宙)の存在についても真剣に取り上げられるまでになったが、本書では、そこからさらに踏み込んで、何兆年後の宇宙、宇宙の知的文明の未来、ワームホールを利用したタイムマシン、終焉を迎えた宇宙からの脱出方法etc.についても、単なる空想の世界ではない、科学的な視点で語られている。
そして終盤では、宇宙論を突き詰めると必ず行きつくという、「宇宙や人類の存在意義とは何か?」といった、哲学や神学への領域にも及ぶ核心の議論についても、かなり踏み込んだ内容で展開している。

「私は個人的に、純粋に科学的な視点から、アインシュタインとスピノザの神の実在を示す最も強力な論拠は、目的論にあるのではないかと思っている。ひも理論が最終的に検証されたら、その方程式そのものはどこから得られたのかと問う羽目になる。統一場理論がアインシュタインの考えたとおり、真にユニークなものだとすれば、そのユニークさの出どころはどこかと問うことになるのだ。...結局、全宇宙を調和のとれた秩序ある形で記述できるたった一個の方程式があるとしたら、なんらかの設計者の存在を示唆していると私は思う。(「第十二章 マルチバースを超えて」より抜粋)」

宇宙とは、人類とは、何か?について、科学者によってこれ程包括的な視点で書かれた本は、ほかにないだろう。まさに、読み応え充分な本。


【目次】
第1部 宇宙
 宇宙が赤ん坊だったころ
 パラドックスに満ちた宇宙
 ビッグバン
 インフレーションと並行宇宙
第2部 マルチバース
 次元の入口とタイムトラベル
 量子論的な並行宇宙
 M理論—すべてのひもの母
 設計された宇宙?
 十一次元のエコーを探す
第3部 超空間への脱出
 すべての終わり
 宇宙からの脱出
 マルチバースを超えて



posted by 本のソムリエM at 17:42| 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

もしもタイムマシンがあったら...

時間旅行者のための基礎知識
J・リチャード・ゴット, 林 一



「われわれはタイムマシンを建造することが、物理的法則のもとで原理的に可能かどうかを研究している。それは世界中でもっとも聡明な人たちが演じるいちかばちかのゲームである。」
“宇宙ひも理論”で脚光をあつめている物理学者J・リチャード・ゴットによる、タイム・トラベル入門書ともいうべき本。誰もが知っているお馴染みの映画やSF小説などのたくさんのユニークな事例をもとに、あらゆる理論でその可能性を検証していく。
それにしても、タイムトラベルの有名なパラドックス「もし時間をさかのぼって、あなたのお母さんを生む前のお祖母さんを殺してしまったら、あなたも生まれておらず、したがって、あなたは時間をさかのぼることができず、お祖母さんを殺すことはできない...。」は考えれば考えるほど、アタマがくらくらする。パラレルワールド説が本当だったら、余計なことを考える必要もなく、とても嬉しいのだが...。


【目次】
第1章 夢の時間旅行へ
   タイムマシンがあったら
   『タイムマシン』が考案した第四の次元としての時間 ほか
第2章 未来への旅
   未来へのタイムトラベルは可能である
   アインシュタインの時間と光速の研究 ほか
第3章 過去への旅
   あなたは過去を見られる?
   湾曲した時空は過去への旅の扉を開く ほか
第4章 タイムトラベルと宇宙のはじまり
   リー・リシンからの手紙
   真空と時間順序保護 ほか
第5章 未来からふりかえる
   未来からのタイムトラベラーの疑問
   未来の科学的予測 ほか

posted by 本のソムリエM at 19:48| 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

ザ・宇宙のミステリー

暗黒宇宙の謎
谷口 義明



ハワイ島マウナケアの天文台で長年観測を行い、すばる望遠鏡による原始銀河探査で、128億光年彼方の“生まれたての銀河”を発見したことでも知られる天文学の第一人者 谷口義明氏による本。
本書は、著者が研究上これまで最も魅了され続けたという 宇宙最大のミステリー「暗黒(ダーク)」について語られている。
ダークマタ ー、ダークエネルギーをはじめ、ビッグバン、インフレーション、加速膨張宇宙論、量子力学、相対性理論etc.のあらゆる角度からのアプローチは非常にわかりやすく、宇宙科学や天文学の今を知る上での入門書としてもオススメ。
本書によると、電磁波で観測可能な光を含めた物質の質量は、宇宙全体のたったの4%。残りの23%がダークマターと呼ばれる謎の物質、さらに73%がダークエネルギーと呼ばれる謎のエネルギーなのだという。つまり、宇宙の96%はこの未知の「暗黒(ダーク)」なのである。
一方で、この謎だらけの「暗黒(ダーク)」には、「銀河を回転させているエネルギーは何か?」という疑問に対する答えが隠されているともいえる。
もしかすると、そのうち全く別のアカデミックな分野から、この謎の「暗黒(ダーク)」の正体を探る糸口がみつかるかも知れない。
宇宙がどのように生まれ、今どんな姿をしているのか、そして、宇宙はこの先どうなっていくのか...宇宙のミステリーはまだまだ尽きない。

【目次】
第1部 ダークな宇宙まで
    プロローグ
    宇宙のダーク
    (宇宙の中のダーク/ダークの種類/ダークな宇宙へ)
第2部 ダークな天体
    暗黒の星
    (星とは何か?/暗黒の星/光らない星/ダークな星々)
    暗黒の残骸
    (星の進化の行く末/白色矮星/中性子星とブラック
     ホール/中質量ブラックホール/ダークな残骸)
第3部 宇宙のダークサイド
    暗黒星雲
    (暗黒星雲/星間ガス/ダスティ・トーラス)
    暗黒の銀河
    (銀河の暗黒部/ウルトラ赤外線銀河/銀河、若かりし
     頃の暗黒)
    暗黒の銀河間空間
    (吸収線の世界/遠方の宇宙へ/銀河間空間に
     何があるか?)
第4部 宇宙の暗黒
    宇宙の質量
    (膨張する宇宙/宇宙の運命/宇宙の質量)
    宇宙の枠組み
    (ビッグバン宇宙論/宇宙マイクロ波背景放射/宇宙の
     枠組み)
    暗黒物質―ダークマター
    (観測的証拠/ダークマターの性質/ダークマターの候補)
    暗黒エネルギー―ダークエネルギー
    (宇宙項/加速膨張する宇宙/ダークエネルギー)
第5部 ダークな宇宙から
    宇宙の暗黒時代
    (宇宙の暗黒時代/宇宙の暗黒時代を破るもの
     /ダークな時代)
    エピローグ


posted by 本のソムリエM at 18:54| 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

宇宙はヒモなのかっ?

超ひも理論と宇宙
吉川 圭二



クオークを含む宇宙のあらゆるものが「ひも」でできているという「超ひも理論」についてわかりやすく解説した本。
宇宙理論の基礎知識がなくても理解しやすい構成になっている点でオススメだ。
最近の宇宙理論は哲学・精神世界の分野の概念にも近づいてきているが、そのあたりも含めて包括的にアプローチしていくと、どうも宇宙を知る鍵は「超ひも理論」と、超ひも理論のオピニオン・リーダーであるサスキンドも提唱している「ホログラフィック原理」あたりがかなりイイ線をいっているように思う。
宇宙を多次元的に捉えだした宇宙理論がますます進んで、そのうち「宇宙は33次元まである」という精神世界系の概念を検証する日が来てくれると嬉しい。がんばれ、科学。


【目次】
1章 自然界
2章 素粒子の世界
3章 ひも理論とは
4章 究極の理論を求めて
5章 「ひも」と宇宙
6章 究極理論としての「超ひも」


posted by 本のソムリエM at 20:43| 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。