2006年06月05日

恋愛に奇跡を起こす

聖なる恋愛コード81―あなたを至福に導くスピリチュアル恋愛術
Masako


「言霊」「音霊」といわれるものと同じように、数字にも固有のパワーがあるという。いわゆる「数霊」である。なかでも、「81」という数字は、スピリチャルな世界では、ズバリ“光のコード”を示す数字で、「9×9=81」というように、「くくる」という意味合いを持つとか。異なるモノ同士を結びつけるパワーという意味である。

本書は、全部で「81」の項目から構成されていて、「あなたが望む理想の恋愛に今生のテーマがあります」「あなたが好きになる人は、あなたと同じ魂のエネルギーを持っています」「永遠の豊かさをパートナーと共に手に入れる」...etc.の個々のトピックスに対して、著者自身の見解が語られている。そして、終盤は、ほとんどがコード「81」についてフォーカスした内容。「81」という数字の具体的な活用方法などについても触れている。

通常、こうしたテーマの本は、どちらかというと、女性を対象に書かれたものが多いが、この本の特徴は、男性向けに書かれた部分がかなり多いところだ。「なぜ今生、男性であることを選んだのか」というトピックスは、非常に興味深い。

「その人をあなたが手放したくないと思うなら、それが全てです。...『もしこの恋愛を成就させることができたら、どんな奇跡だって起こすことができる』と思えるほど『不可能』な状態の二人であればあるほど、打ってつけのツールです。〈一部抜粋〉」
心の琴線に触れるなにかが見つかるかも知れない本。

【目次】
1 二度と失うことのない幸福の泉のような恋愛を
2 出会いをつくり「愛されるオーラ」を出すために
3 駆け引きのない恋愛
4 恋愛は自分に気づく大きなチャンス
5 あなたの幸せを妨げる恋愛プログラム
6 女性性エネルギーと男性性エネルギーの使い方
7 別れが訪れるとき
8 美しいSEXと結婚
9 「コード81」が示す光





posted by 本のソムリエM at 00:58| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

Guess How Much I Love You

Guess How Much I Love You
Sam McBratney



チビウサギがベッドへ眠りに行く途中、デカウサギにきいてみたくなりました。
「どんなに、きみがすきだか あててごらん」

「こんなにさ」と腕を思い切り伸ばすデカウサギに、
「でも、ぼくはこーんなにだよ」とチビウサギ。
お互いにどんなに好きかを比べあいます。

何度も比べあったところで、もうチビウサギは眠くて何も思いつかなくなり、
「おつきさまにとどくぐらい きみがすき」といって目をとじます。
デカウサギはチビウサギを木の葉のベッドに寝かせると、
おやすみなさいのキスをして、そしてこういいました。

「I love you right up to the moon AND BACK」
 (ぼくは、きみのこと、おつきさままでいって
    ・・・かえってくるぐらい、すきだよ)


************************************
バレンタインデー。大好きなあの人へ。


posted by 本のソムリエM at 00:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

愛のコトバ

マザー・テレサ 愛のことば
いもと ようこ


わたしたちは忙しすぎます。
ほほえみを交わすひまさえありません。
ほほえみ、ふれあいを忘れた人がいます。
これはとても大きな貧困です。

多くの人は病んでいます。
自分がまったく愛されていない
関心をもってもらえない
いなくてもいい人間なのだと...。
人間にとって、一番ひどい病気は
だれからも必要とされていないと感じることです。

人は一切れのパンではなく
愛に、小さなほほえみに飢えているのです。
誰からも受け入れられず、誰からも愛されず
必要とされない悲しみ
これこそ、本当の飢えなのです。
愛を与え、愛を受けることを知らない人は
貧しい人の中でも、もっとも貧しい人です。

愛はまず家庭から始まるのです。
愛は家庭に住まうものです。
子供達は家庭の中に愛やほほえみを見つけることが出来ません。
子供たちは、淋しすぎるのです。
淋しさをまぎらすために、外へ、さがし求めに行くのです。

あなたはこの世に望まれて生まれてきた大切なひと。
あなたがなんであり、どこの国の人であろうと
貧乏であろうと、それは問題ではありません。
あなたは、同じ神様がお作りになった、
同じ神様のこどもです。

傲慢で、ぶっきらぼうで、利己的になるのは
いともたやすいことです。
でも、私達はもっと素晴らしいことのために
作られているのです。

無理なことをどうこう思い悩むのは無駄なことです。
出来ないことは、神様がお望みではないのだと思いなさい。

大切なのは、どれだけ沢山のことをしたかではなく、
どれだけ心を込めたかです。

私達のすることは、大海の一滴の水にすぎないかもしれません。
でも、その一滴の水が集まって、大海となるのです。

貧困を作るのは神でなく、私たち人間です。
私たちが分かち合わないからです。

まず知り合うこと、
知り合えば、お互い愛し合うようになるでしょう。
互いに愛し合えば支えあうようになるでしょう。

もし、本当に愛したいと願うなら
許すことを知らなければなりません。

*******************************

真実のかけらがたくさん詰まった、ご存知マザーテレサの愛の言葉集。あらためて愛について考えてさせてくれる本。







posted by 本のソムリエM at 00:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

結魂論

結魂論―なぜ人は結婚するのか
一条 真也



「結婚とは、結魂である。」かつて哲学者プラトンは、元来一個の球体であった男女が、離れて半球体になった結果、元のもう半分を求めて結婚するものだという「人間球体説」を唱えた。
そして、思想家スウェデンボルグは、「真の結婚は神的なものであり、霊的なものであり、聖いものであり、純潔なものである」と説いている。
本書では、プラトンやスウェデンボルグのこうした思想にもとづきつつ、結婚とは不完全な魂同士が完全になるべく結びつく「結魂」であるとする「結魂論」を展開。
単なる社会的な制度・慣習としての結婚という枠組みを超え、本来、結婚とは何であるかについて、改めてスピリチャルなレベルから、考えさせてくれる本だ。

【目次】
第1章 今どき結婚事情
    結婚って何?    
    恋愛相手と結婚相手 ほか
第2章 デートから結婚式まで    
    愛と結婚の経済学    
    理想のデートを考える ほか
第3章 男と女の謎・愛の秘密    
    男と女はわかりあえるか    
    愛について考える ほか
第4章 なぜ人は結婚するのか    
    離婚、そして幻のカップル    
    離婚する理由 ほか    
    宇宙の中心で、結婚をさけぶ―あとがきに代えて


posted by 本のソムリエM at 00:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

ソウルメイトに出会う

ソウルメイトと出会う本
パンタ笛吹



『ソウルメイトってなんでしょう?
前世を分かちあった恋人なんて、本当にいるんでしょうか?
もし、生まれ変わるたびに愛を育みあった魂の伴侶が、
今、この地球上のどこかにいるとしたら...。
そしてもし、その人もあなたを捜しているとしたら...。
一度でもいいから、生きているうちに
会ってみたいと思いませんか?』 


“魂の遊び人”こと、パンタ笛吹著による、運命の恋人「ソウルメイト」との出会いについて綴られた本。(オカリナ奏者の著者が演奏する「ソウルメイトと出会う瞑想」のCD付き。)

第1部は、守護天使からのメッセージによって、導かれるように出会った運命の恋人と、あらゆる環境の違いにも負けず、宇宙や守護天使のさまざまなヘルプやシンクロニシティによって愛を深めていくといった、著者自身の体験的ストーリー。
そして、第2部は「本物のソウルメイトとニセモノの見分けかた」「ソウルメイトに出会いやすい場所」「あなたを導く守護天使」...etc.といったQ&Aで展開する〈ソウルメイトに関する30の質問〉など、盛りだくさんの内容で構成されている。
今という、再会の時代にぴったりの一冊。

posted by 本のソムリエM at 00:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

愛の地図ナノダ

世界は愛でできている
ディアナ イッシドリデース, ヴィルム モルシュ, エリク ダイイ,
Diana Issidorides, 鹿田 昌美



愛を世界地図で表現するとどうなるか!?というコンセプトのもとに生まれた遊び心たっぷりの本。
「愛の起源」「愛のサイエンス」「愛と心理学」「統計で見た愛」「愛とジェンダー」「愛をアートする」「愛と食べ物の密な関係」「真実の愛の島」の8つの地域からなる【愛の世界地図】を、想像力の羅針盤で旅をする展開になっている。
愛の格言、愛の統計、男と女の違い、愛のレシピなど、あらゆる角度からアプローチした興味深いエッセイは、まさしく愛のフルコースとも言える内容だ。
“世界の中心”の「ハートの海」のさらに真ん中の「真実の愛の島」を中心とした世界地図には、良さそう山、流れに身をまかせる港、カーマスートラ自然保護地区、なくした愛の海溝...etc.と、ビジュアル的小ネタも満載。思わず「やられた!」とジェラシーを感じてしまうほどオススメの一冊だ。


【目次】
第1章 愛の起源
    愛はいつどこで生まれたのか?
第2章 愛とサイエンス
    恋は理屈じゃない
第3章 愛と心理学
    同じ恋愛パターンをくり返す理由
第4章 統計で見た愛
    愛は数では割り切れない
第5章 愛とジェンダー
    「違う」から惹かれ合ううたり
第6章 愛をアートする
    官能の世界をのぞいてみると
第7章 愛と食べ物の密な関係
    「恋に効くレシピ」でハートをつかむ
第8章 真実の愛の島
    ようやくたどりついた愛の終着地

posted by 本のソムリエM at 13:57| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

女神のココロ

女神のこころ
ハリー・オースティン イーグルハート, Hallie Austen Iglehart, 矢鋪 紀子



太古から現代にいたるまでの種々さまざまな女神像を集めた本。女神像についての歴史的・神話的・スピリチャルな背景からのアプローチは、神話学者である著者ハリー・オースティン イーグルハートならではの非常にユニークな本だ。
写真がオールカラーでビジュアル的にもキレイであるため、写真集としても充分楽しめる内容になっている。
ここ最近ヒーリングの世界では、特に「女神のエネルギー」が重要視されている傾向にあるが、長きに渡って男性的なエネルギーが優勢だった社会が、「女神のエネルギー」すなわち「女性的なエネルギー」を取り戻すことによって、より創造的で調和のとれた社会に移行しつつあるといわれている。男性や女性といった性別を問わず、ひとりひとりの中にある、こうしたエネルギーの調和をはかっていくことが、これからますます重要になっていくだろう。
2000年に出版された当初もメディアに取り上げられて話題になった本だが、そういった意味で、今の時代によりマッチした一冊といえる。


【目次】
 第1部 創造 
 創造/出産/養育/火と太陽/神々の母/人類の母/動植物の
 女主人
 第2部 変容
 自然のサイクル/冥界降下と回帰/死と再生/トランス
 第3部 祝祭 
 聖なる性/聖なるダンス/女神は生きている


posted by 本のソムリエM at 00:41| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

奇跡をおこす人になる!

あなたに奇跡を起こすスピリチュアル・ノート
シルビア ブラウン, リンジー ハリソン
, Sylvia Brown, Lindsay Harrison, 堤 江実



犯罪の捜査や行方不明者の発見に大活躍の全米ナンバーワン超能力者、シルビアブラウン著による、ズバリ奇跡や不思議な力を人生に活かす方法。
著者自身が不思議な力を手に入れた経緯、体験した数々の超常現象をはじめ、ソウルメイトの存在や再会の意味、孤独や失敗から乗り越える方法etc.が紹介されている。
なかでも“リーダー”“戦士”“孤独を好む人”などなど、「人生の意味を教えてくれる44のライフテーマ」では、誰もが選んで生まれてくる「魂の青写真」ともいうべきライフテーマについて語られており、自分の人生のテーマについて書かれた解説を読むと面白いかも知れない。
また、あちら側と交信する方法や、癒しの瞑想・過去世の瞑想などのセルフヒーリングがおこなえる瞑想など、実践的なメソッドも満載。ニューヨークタイムズNo.1ベストセラーの文庫化版だけに、一度試してみる価値アリかも?
それにしても目次のタイトル、なんでこんなに長ーいの...?


【目次】
第1章 あなたを見守るもの その優しき存在について
第2章 もっと自分を愛するために人生の喜びを発見する方法
第3章 あなたと、あなたの周りの人々 大切な親しい人たちとのつきあい方
第4章 あなたの健康のために心と体のための処方箋
第5章 人生の意味を教えてくれる44のライフテーマ
第6章 十の恐怖を超えて


posted by 本のソムリエM at 20:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。