2006年02月08日

愛のコトバ

マザー・テレサ 愛のことば
いもと ようこ


わたしたちは忙しすぎます。
ほほえみを交わすひまさえありません。
ほほえみ、ふれあいを忘れた人がいます。
これはとても大きな貧困です。

多くの人は病んでいます。
自分がまったく愛されていない
関心をもってもらえない
いなくてもいい人間なのだと...。
人間にとって、一番ひどい病気は
だれからも必要とされていないと感じることです。

人は一切れのパンではなく
愛に、小さなほほえみに飢えているのです。
誰からも受け入れられず、誰からも愛されず
必要とされない悲しみ
これこそ、本当の飢えなのです。
愛を与え、愛を受けることを知らない人は
貧しい人の中でも、もっとも貧しい人です。

愛はまず家庭から始まるのです。
愛は家庭に住まうものです。
子供達は家庭の中に愛やほほえみを見つけることが出来ません。
子供たちは、淋しすぎるのです。
淋しさをまぎらすために、外へ、さがし求めに行くのです。

あなたはこの世に望まれて生まれてきた大切なひと。
あなたがなんであり、どこの国の人であろうと
貧乏であろうと、それは問題ではありません。
あなたは、同じ神様がお作りになった、
同じ神様のこどもです。

傲慢で、ぶっきらぼうで、利己的になるのは
いともたやすいことです。
でも、私達はもっと素晴らしいことのために
作られているのです。

無理なことをどうこう思い悩むのは無駄なことです。
出来ないことは、神様がお望みではないのだと思いなさい。

大切なのは、どれだけ沢山のことをしたかではなく、
どれだけ心を込めたかです。

私達のすることは、大海の一滴の水にすぎないかもしれません。
でも、その一滴の水が集まって、大海となるのです。

貧困を作るのは神でなく、私たち人間です。
私たちが分かち合わないからです。

まず知り合うこと、
知り合えば、お互い愛し合うようになるでしょう。
互いに愛し合えば支えあうようになるでしょう。

もし、本当に愛したいと願うなら
許すことを知らなければなりません。

*******************************

真実のかけらがたくさん詰まった、ご存知マザーテレサの愛の言葉集。あらためて愛について考えてさせてくれる本。







posted by 本のソムリエM at 00:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

結魂論

結魂論―なぜ人は結婚するのか
一条 真也



「結婚とは、結魂である。」かつて哲学者プラトンは、元来一個の球体であった男女が、離れて半球体になった結果、元のもう半分を求めて結婚するものだという「人間球体説」を唱えた。
そして、思想家スウェデンボルグは、「真の結婚は神的なものであり、霊的なものであり、聖いものであり、純潔なものである」と説いている。
本書では、プラトンやスウェデンボルグのこうした思想にもとづきつつ、結婚とは不完全な魂同士が完全になるべく結びつく「結魂」であるとする「結魂論」を展開。
単なる社会的な制度・慣習としての結婚という枠組みを超え、本来、結婚とは何であるかについて、改めてスピリチャルなレベルから、考えさせてくれる本だ。

【目次】
第1章 今どき結婚事情
    結婚って何?    
    恋愛相手と結婚相手 ほか
第2章 デートから結婚式まで    
    愛と結婚の経済学    
    理想のデートを考える ほか
第3章 男と女の謎・愛の秘密    
    男と女はわかりあえるか    
    愛について考える ほか
第4章 なぜ人は結婚するのか    
    離婚、そして幻のカップル    
    離婚する理由 ほか    
    宇宙の中心で、結婚をさけぶ―あとがきに代えて


posted by 本のソムリエM at 00:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

ソウルメイトに出会う

ソウルメイトと出会う本
パンタ笛吹



『ソウルメイトってなんでしょう?
前世を分かちあった恋人なんて、本当にいるんでしょうか?
もし、生まれ変わるたびに愛を育みあった魂の伴侶が、
今、この地球上のどこかにいるとしたら...。
そしてもし、その人もあなたを捜しているとしたら...。
一度でもいいから、生きているうちに
会ってみたいと思いませんか?』 


“魂の遊び人”こと、パンタ笛吹著による、運命の恋人「ソウルメイト」との出会いについて綴られた本。(オカリナ奏者の著者が演奏する「ソウルメイトと出会う瞑想」のCD付き。)

第1部は、守護天使からのメッセージによって、導かれるように出会った運命の恋人と、あらゆる環境の違いにも負けず、宇宙や守護天使のさまざまなヘルプやシンクロニシティによって愛を深めていくといった、著者自身の体験的ストーリー。
そして、第2部は「本物のソウルメイトとニセモノの見分けかた」「ソウルメイトに出会いやすい場所」「あなたを導く守護天使」...etc.といったQ&Aで展開する〈ソウルメイトに関する30の質問〉など、盛りだくさんの内容で構成されている。
今という、再会の時代にぴったりの一冊。

posted by 本のソムリエM at 00:00| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

愛の地図ナノダ

世界は愛でできている
ディアナ イッシドリデース, ヴィルム モルシュ, エリク ダイイ,
Diana Issidorides, 鹿田 昌美



愛を世界地図で表現するとどうなるか!?というコンセプトのもとに生まれた遊び心たっぷりの本。
「愛の起源」「愛のサイエンス」「愛と心理学」「統計で見た愛」「愛とジェンダー」「愛をアートする」「愛と食べ物の密な関係」「真実の愛の島」の8つの地域からなる【愛の世界地図】を、想像力の羅針盤で旅をする展開になっている。
愛の格言、愛の統計、男と女の違い、愛のレシピなど、あらゆる角度からアプローチした興味深いエッセイは、まさしく愛のフルコースとも言える内容だ。
“世界の中心”の「ハートの海」のさらに真ん中の「真実の愛の島」を中心とした世界地図には、良さそう山、流れに身をまかせる港、カーマスートラ自然保護地区、なくした愛の海溝...etc.と、ビジュアル的小ネタも満載。思わず「やられた!」とジェラシーを感じてしまうほどオススメの一冊だ。


【目次】
第1章 愛の起源
    愛はいつどこで生まれたのか?
第2章 愛とサイエンス
    恋は理屈じゃない
第3章 愛と心理学
    同じ恋愛パターンをくり返す理由
第4章 統計で見た愛
    愛は数では割り切れない
第5章 愛とジェンダー
    「違う」から惹かれ合ううたり
第6章 愛をアートする
    官能の世界をのぞいてみると
第7章 愛と食べ物の密な関係
    「恋に効くレシピ」でハートをつかむ
第8章 真実の愛の島
    ようやくたどりついた愛の終着地

posted by 本のソムリエM at 13:57| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ダ・ヴィンチの暗号のモト

シンボル・コードの秘密―西洋文明に隠された異端メッセージ
ティム ウォレス=マーフィー, Tim Wallace‐Murphy, 大山 晶



ここ最近、書店などに行くと、「ダ・ヴィンチ・コード」に関連する本をよく目にする。本が映画化されることも、こうしたシンクロニシティを加速させている要因のひとつかも知れない。
そして、今月、中世の絵画や建築に隠された「暗号-シンボリズム」について書かれた本が、新たに出版された。
「ダ・ヴィンチ・コード」の原点といわれる本書がそれである。
とはいえ、内容は「シンボリズム」をテーマとしているだけに、暗号が生まれるきっかけとなった歴史的背景から、絵画や教会建築のデザインに組み込まれたシンボルの解読、異端のメッセージにいたるまで、歴史や思想をふまえた、あらゆる観点からのアプローチになっている。
特に、テンプル騎士団をはじめ、古代エジプトからの秘儀をテンプル騎士団に継承したといわれる「レックス・デウス(神の王たち)」の存在や、ルネッサンス期のさまざまな文化や芸術に影響を与えた秘密組織の集団が、ローマカトリック教会に対して、いかに異端であることをカムフラージュしてきたかについての歴史的考察が非常に興味深い。
また、暗号について追求していくと、必ず行き当たる秘密組織「フリーメーソン」についても、建築とシンボリズムという独自の視点で展開されており、一般にフリーメーソン関連の本にありがちな内容とはひと味違った展開になっている。
「ダ・ヴィンチ・コード」関連でいえば、最初に読む本としてもオススメだ。

【目次】
第1部 宗教的シンボルの始まり
 第1章 宗教的シンボリズムの誕生と発展
 第2章 古代エジプトの霊知の遺産

第2部 聖書、エジプトに由来するユダヤ教
 第3章 聖書と古代イスラエル人
 第4章 イエスの生涯と伝道についてのふたつの説

第3部 初期キリスト教とキリスト教シンボリズムの発達
 第5章 聖パウロ、初期教会の歴史と、キリスト教シンボリズム
     の発達
 第6章 キリスト教によるヨーロッパの統合と教会シンボリズム
     の礎
 第7章 ゴシックの栄光

第4部 秘密の系譜が表に出る
 第8章 神聖幾何学と「ラ・ルング・ヴェルト」
 第9章 教会内の秘密の系譜
 第10章 シャトル大聖堂の外観の現実
 第11章 シャトル大聖堂内部の秘密
 第12章 「黒い聖母」崇拝
 第13章 聖杯、タロットカード、そしてテンプル騎士団の終焉
 第14章 ロスリン礼拝堂内の神秘的シンボリズム
 第15章 継続する秘儀参入の流れ
 第16章 ルネサンス絵画に見られる異端のシンボリズム
 第17章 フリーメーソンの多難な道のり  


posted by 本のソムリエM at 01:49| 古代文明・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

もしもタイムマシンがあったら...

時間旅行者のための基礎知識
J・リチャード・ゴット, 林 一



「われわれはタイムマシンを建造することが、物理的法則のもとで原理的に可能かどうかを研究している。それは世界中でもっとも聡明な人たちが演じるいちかばちかのゲームである。」
“宇宙ひも理論”で脚光をあつめている物理学者J・リチャード・ゴットによる、タイム・トラベル入門書ともいうべき本。誰もが知っているお馴染みの映画やSF小説などのたくさんのユニークな事例をもとに、あらゆる理論でその可能性を検証していく。
それにしても、タイムトラベルの有名なパラドックス「もし時間をさかのぼって、あなたのお母さんを生む前のお祖母さんを殺してしまったら、あなたも生まれておらず、したがって、あなたは時間をさかのぼることができず、お祖母さんを殺すことはできない...。」は考えれば考えるほど、アタマがくらくらする。パラレルワールド説が本当だったら、余計なことを考える必要もなく、とても嬉しいのだが...。


【目次】
第1章 夢の時間旅行へ
   タイムマシンがあったら
   『タイムマシン』が考案した第四の次元としての時間 ほか
第2章 未来への旅
   未来へのタイムトラベルは可能である
   アインシュタインの時間と光速の研究 ほか
第3章 過去への旅
   あなたは過去を見られる?
   湾曲した時空は過去への旅の扉を開く ほか
第4章 タイムトラベルと宇宙のはじまり
   リー・リシンからの手紙
   真空と時間順序保護 ほか
第5章 未来からふりかえる
   未来からのタイムトラベラーの疑問
   未来の科学的予測 ほか

posted by 本のソムリエM at 19:48| 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

女神のココロ

女神のこころ
ハリー・オースティン イーグルハート, Hallie Austen Iglehart, 矢鋪 紀子



太古から現代にいたるまでの種々さまざまな女神像を集めた本。女神像についての歴史的・神話的・スピリチャルな背景からのアプローチは、神話学者である著者ハリー・オースティン イーグルハートならではの非常にユニークな本だ。
写真がオールカラーでビジュアル的にもキレイであるため、写真集としても充分楽しめる内容になっている。
ここ最近ヒーリングの世界では、特に「女神のエネルギー」が重要視されている傾向にあるが、長きに渡って男性的なエネルギーが優勢だった社会が、「女神のエネルギー」すなわち「女性的なエネルギー」を取り戻すことによって、より創造的で調和のとれた社会に移行しつつあるといわれている。男性や女性といった性別を問わず、ひとりひとりの中にある、こうしたエネルギーの調和をはかっていくことが、これからますます重要になっていくだろう。
2000年に出版された当初もメディアに取り上げられて話題になった本だが、そういった意味で、今の時代によりマッチした一冊といえる。


【目次】
 第1部 創造 
 創造/出産/養育/火と太陽/神々の母/人類の母/動植物の
 女主人
 第2部 変容
 自然のサイクル/冥界降下と回帰/死と再生/トランス
 第3部 祝祭 
 聖なる性/聖なるダンス/女神は生きている


posted by 本のソムリエM at 00:41| スピリチャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

宇宙の医学ナリ〜

ホリスティックな癒しのために―人間・地球・宇宙を貫くいのちの世界
藤波 襄二



西洋医学と代替医学の統合をはかり、患者のからだとこころ=生命まるごとを癒す新しい医学の潮流「ホリスティック医学」について書かれた本。
欧米などではかなり以前から、この「ホリスティック医学」の考え方が浸透しており、ヒーリングのエネルギーワークなどにも保険が適用されるほど盛んだが、最近では日本でも、徐々にではあるが代替医療などのさまざまなカタチで、医療の現場に取り入れられるようになってきている。
東京医科大学名誉教授で医学博士である著者が提案する、この単なる治療という枠組みを超えた医療のあり方は、今後、遠からず医療の分野で主流になっていくことだろう。
自己治癒力をうながし、人生を豊かにする「21世紀型」の医学のヴィジョン、まさに“人間まるごと、宇宙まるごと”癒されてこそ、医学だ。


【目次】
第1部 私がめざす「まるごとの医学」
    いまほど、「新しい医療」が求められている時代はない
    なぜ私が「まるごとの医学」をめざしたか
第2部 人間・地球・宇宙を貫く「まるごと」の医学
    「人間まるごと」の医学
    「地球まるごと」の医学
    「宇宙まるごと」の医学
第3部 ホリスティック医学の時代へ
    「まるごとの医学」を実現するホリスティック医学 
    始まっているホリスティック医学の実践
    新しい「治癒」の科学への取り組み
    「いのちを癒す医療」への道―医療の大転換時代がくる




posted by 本のソムリエM at 00:33| ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

めざせ!ヒーラー

光の手―自己変革への旅〈上・下〉
バーバラ・アン ブレナン, Barbara Ann Brennan, 三村 寛子, 加納 真士



元NASAの科学者という異色の経歴をもつ著者バーバラ・アンブレナンによって書かれた、上・下巻からなる本格的なヒーリング入門書。一口にヒーリングといっても、それこそ数多くのヒーリングメソッドが存在し、その数だけ関連書籍が出版されているが、本書はオーラやチャクラをリーディングし、エネルギーワークを行うメソッドについて詳しく解説されている。オーラを見ることができるようになる初歩的な段階からはじまり、ケーススタディによってどのようなワークを行っていくかなど、アメリカのヒーラー養成スクールの教科書にもなる程、かなり濃い内容となっている。文章のみでは難しくなりがちな内容も、オーラやチャクラの見え方などが、そのつどイラストで書かれているため、わかりやすい。本気でヒーラーをめざす人、必見の書。


【目次】
■光の手〈上〉
第1部 私たちはエネルギーの惑星に住んでいる
第2部 ザ・ヒューマン・オーラ
第3部 精神力学とヒューマンエネルギーフィールド




■光の手〈下〉
第4部 治療者の知覚の道具
第5部 スピリチュアル・ヒーリング
第6部 セルフヒーリングとスピリチュアル・ヒーラー



posted by 本のソムリエM at 00:58| ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

ザ・宇宙のミステリー

暗黒宇宙の謎
谷口 義明



ハワイ島マウナケアの天文台で長年観測を行い、すばる望遠鏡による原始銀河探査で、128億光年彼方の“生まれたての銀河”を発見したことでも知られる天文学の第一人者 谷口義明氏による本。
本書は、著者が研究上これまで最も魅了され続けたという 宇宙最大のミステリー「暗黒(ダーク)」について語られている。
ダークマタ ー、ダークエネルギーをはじめ、ビッグバン、インフレーション、加速膨張宇宙論、量子力学、相対性理論etc.のあらゆる角度からのアプローチは非常にわかりやすく、宇宙科学や天文学の今を知る上での入門書としてもオススメ。
本書によると、電磁波で観測可能な光を含めた物質の質量は、宇宙全体のたったの4%。残りの23%がダークマターと呼ばれる謎の物質、さらに73%がダークエネルギーと呼ばれる謎のエネルギーなのだという。つまり、宇宙の96%はこの未知の「暗黒(ダーク)」なのである。
一方で、この謎だらけの「暗黒(ダーク)」には、「銀河を回転させているエネルギーは何か?」という疑問に対する答えが隠されているともいえる。
もしかすると、そのうち全く別のアカデミックな分野から、この謎の「暗黒(ダーク)」の正体を探る糸口がみつかるかも知れない。
宇宙がどのように生まれ、今どんな姿をしているのか、そして、宇宙はこの先どうなっていくのか...宇宙のミステリーはまだまだ尽きない。

【目次】
第1部 ダークな宇宙まで
    プロローグ
    宇宙のダーク
    (宇宙の中のダーク/ダークの種類/ダークな宇宙へ)
第2部 ダークな天体
    暗黒の星
    (星とは何か?/暗黒の星/光らない星/ダークな星々)
    暗黒の残骸
    (星の進化の行く末/白色矮星/中性子星とブラック
     ホール/中質量ブラックホール/ダークな残骸)
第3部 宇宙のダークサイド
    暗黒星雲
    (暗黒星雲/星間ガス/ダスティ・トーラス)
    暗黒の銀河
    (銀河の暗黒部/ウルトラ赤外線銀河/銀河、若かりし
     頃の暗黒)
    暗黒の銀河間空間
    (吸収線の世界/遠方の宇宙へ/銀河間空間に
     何があるか?)
第4部 宇宙の暗黒
    宇宙の質量
    (膨張する宇宙/宇宙の運命/宇宙の質量)
    宇宙の枠組み
    (ビッグバン宇宙論/宇宙マイクロ波背景放射/宇宙の
     枠組み)
    暗黒物質―ダークマター
    (観測的証拠/ダークマターの性質/ダークマターの候補)
    暗黒エネルギー―ダークエネルギー
    (宇宙項/加速膨張する宇宙/ダークエネルギー)
第5部 ダークな宇宙から
    宇宙の暗黒時代
    (宇宙の暗黒時代/宇宙の暗黒時代を破るもの
     /ダークな時代)
    エピローグ


posted by 本のソムリエM at 18:54| 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。